酒井医療株式会社 メディカルサイエンス本部 フィジオ事業部
世界65カ国で認められたショックマスターが日本初上陸。 日本で認められた唯一の圧力波治療器 ※ Radial shockwave therapy。世界65カ国、そしてリハビリテーション先進国の欧州にてその効果を認められた拡散ショックウェーブ(圧力波)治療器がついに日本上陸。この圧力波療法がこれからの日本のリハビリテーション、トップアスリートのコンディショニングサポートに新しい未来を拓いていきます。

この新しい圧力波エネルギーがあなたと患者様への新しい力になる。フィジオショックマスター(Physio ShockMaster)拡散ショックウェーブ(圧力波治療器)フィジオショックマスター(Physio ShockMaster)拡散ショックウェーブ(圧力波治療器)

圧力波の原理

Principle of shockmaster
圧力波の原理コンプレッサーにより発生させた圧縮空気をパルス状に開放させ、ピストンが衝撃体にぶつかることで圧力波を生み出しています。

3ステップの基本治療

3Step Basic Care
フィジオショックマスター(Physio ShockMaster)拡散ショックウェーブ(圧力波治療器)

様々な部位に効果を発揮

首から足底まで、ショックマスターの治療部位は全身におよびます。
ショックマスターによる圧力波療法は外科的手術が必要とされた患者様への
もう一つの新しい選択肢となっています。

フィジオショックマスター(Physio ShockMaster)拡散ショックウェーブ(圧力波治療器)

体外衝撃波治療器とショックマスターの違い

The difference of Focused ShockWave Therapy and Shockmaster

体外衝撃波治療器とショックマスターの違い
体外衝撃波治療器(体外衝撃波疼痛治療装置)は患部となるターゲットの大きさが卵1個分程度の局所集中型で、尿管結石の体内破砕などに使用されます。

拡散型圧力波治療器であるショックマスターは、焦点が無く、拡散するため、ターゲットが広範囲に及び、筋・腱の治療に適しています。
体外衝撃波治療器とショックマスターの違い


仕様

Specification

フィジオショックマスター(Physio ShockMaster)拡散ショックウェーブ(圧力波治療器)Radial ShockWave Therapyフィジオショックマスター(Physio ShockMaster)拡散ショックウェーブ(圧力波治療器)Radial ShockWave Therapy

導入事例

case study

USER INTERVIEW vol.1 私が目指した副腎皮質ステロイドをなるべく使わないという治療方法が徐々に実現できています宮崎 誠司 先生
– ショックマスター導入を決めた理由を教えてください
軟部組織の変性疾患の症状が強いケースや難治例に対して、副腎皮質ステロイドの注射を使った治療を選択肢の1つとしていました。ですが副作用を考慮して副腎皮質ステロイドを用いる治療から脱却できる治療をずっと探していました。その方法として超音波での物理療法は積極的に行っていましたが、以前から知っていた圧力波を使った治療も試したいと考えていた時にショックマスターの存在を知り、導入することを決めました。


– 実際に先生のご期待に沿えていますか
導入してから1年程経過していますが、それまで副腎皮質ステロイドの注射を使って治療をしていた軟部組織の変性疾患および亜急性の患者さんの半数以上はショックマスターによる治療に置き換えることができています。当初私が目指したなるべく副腎皮質ステロイドを使わないという治療方法が徐々に実現できており、非常にうれしく思っています。


– 治療にあたって心がけていることはありますか
ショックマスターを使った治療は、副腎皮質ステロイドの副作用を回避する有効的な治療方法と考えていますが、良いことばかりではありません。治療の際には痛みが伴います。この痛みが伴う治療であるということを、きちんと患者さんに理解していただいた上で、治療を進めていくことが非常に重要だと思います。この治療は即効性もありますが、多くの方は治療の数日後に効果が出てくる場合が多く、かつ継続することで治療効果が高まると考えています。よって1回だけではなく、何度も受けていただくためにも、治療の際の痛みを納得して治療を受けていただくことは必要不可欠ですね。ただ、これまでアプローチが難しかった軟部組織の変性疾患に対しての治療としては良い方法だと感じています。


– 最後に圧力波治療の可能性についてお願いします
世の中が副作用のある副腎皮質ステロイド自体を使わない方が良いという流れの中、このショックマスターによる治療は副腎皮質ステロイドを使わない治療方法の1つになり得る有効な治療方法だと私は考えています。
宮崎 誠司 先生医学博士東海大学体育学部武道学科 教授、スポーツ医科学研究所 所長日本整形外科学会専門医・スポーツ医全日本柔道連盟医科学委員会 副委員長日本体育協会公認スポーツドクター神奈川県体育協会スポーツ医科学協会トレーナー部会 部会長
USER INTERVIEW vol.2 8年ぐらい痛みを抱えていた膝蓋腱炎の選手。3回の治療で痛みを減らすことができています。玉置 龍也 先生
– ショックマスター導入を決めた理由を教えてください
もともと治療方法を決める際に組織損傷の内容や程度によって、物理療法と運動療法の組み合わせをどうするか決めてから行うようにしていたんですが、腱の慢性障害の場合は、難渋することが多かったんです。以前から、他社の体外衝撃波治療器の存在は現場で見たり、学会報告を聞いていたので、興味があって、慢性障害の治療の一つとして使用した方がいいと思っていたんですが、高額なことや大きさ、リハビリテーション施設で使用できるかなどを懸念して、実際に使うという選択には至らなかったんです。でもこのショックマスターは、価格面や理学療法士でも使える点が気に入って導入してもらいました。使い勝手もいいし、患者さんの反応もとてもいいんですよ。


– ショックマスターでの治療はご期待に添えていますか
以前までは組織の変性からくる痛みや末梢神経からくる痛みなど色々な痛みが混合してどこに対処したらいいか迷っていたんですが、圧力波を使うと、それにより痛みを減らせる部分とそうでない部分がはっきりするので、そういう意味では痛みの原因をひとつずつ潰して、直接的な痛みの原因が特定できる点がいいですね。色々な治療方法を組み合わせて効果的に治療するというトータルケアの一つとして使用してみるのがいいと思います。


– スポーツ選手の治療に関してはいかがでしょうか
私がトレーナーとして見ているバスケットボール競技はアキレス腱障害や膝蓋腱炎などになってしまう方が多いんですが、慢性的な疾患は痛みを我慢できるので痛みを抱えながら競技を続けている人が結構多いんです。以前の治療方法だと、腱が変性して硬くなっていたり石灰化している方はいくら治療しても短期間では完全には治らないので長期的に見ていました。ですが、ショックマスターを使って治療をしてからは、例えば8年ぐらい痛みを抱えていた選手が3回の治療、約2週間ほどでより痛みを減らすことができ、短期間でもいい結果がでてきたと実感しています。論文で良いと言われていても、運動療法と併用した時、結果に差が出なかったりする機器や方法もあるんですよね。その点ショックマスターは慢性的な痛みの場合には、かなり痛みがなくなる印象なので特に我慢を続けているスポーツ選手には効果的だというのが今の感触ではあります。選手だとなかなか対照群が作りにくいのが現状ですが、長期間悩まされている症例を集めて研究したら、今よりも効果がよりクリアに示せるように思います。


– 実際に今どのような患者様に使用していますか?
今は膝蓋腱炎、アキレス腱炎、足底筋膜炎を対象にデータを取っています。外側上顆炎や、肩の石灰化した部分などに効果があると言われていますので、これからも引き続き行っていきたいですね。
玉置 龍也 先生・東京大学、東京大学大学院、専門学校社会医学技術学院卒・修士(学術)、認定理学療法士(スポーツ理学療法)・日本体育協会公認アスレティックトレーナー・横浜ビー・コルセアーズ(B.LEAGUE)メディカルトレーナー・神奈川県理学療法士会スポーツ支援部部員
USER INTERVIEW vol.3 治療効果という面では他の物理療法とは「全く別物」という印象です。岡田整形外科クリニック 石濵 徹 先生
– ショックマスター導入を決めた理由を教えてください
当時、上腕骨外側上顆炎、足底腱膜炎、肩の石灰沈着性腱板炎などの治療をされている患者様が当クリニックには多くいらっしゃいました。こうした症状の治療は運動療法が主で筋力トレーニングやストレッチなどをメインに行っていました。痛みがある場合、患部にストレスをかけないように安静にすることが必要なのですが、仕事を抱えていれば患部を安静にすることは難しいため、治療が長期化する傾向がありました。そうした悩みを解消するため、即時効果のある治療方法を検討していたところ、ショックマスターを紹介されて、デモンストレーションの最中にも良い結果が見られましたので導入してもらいました。
実際導入後には難治性慢性疼痛の治療については週1回で4週間をワンクールとして継続的に治療を続け、疼痛評価スケールで効果検証を行っていますが、9割方は痛みが減ってきているというデータが出ています。肩の石灰沈着性腱板炎治療については、4回治療した後、レントゲンをとるというサイクルで回しているのですが、7割以上は石灰が無くなるか、狭小化するなど効果が出ています。


– ショックマスターの最大のメリットはどこでしょうか
即時効果が出せることが最大のメリットだと感じています。凄く痛くなってから来院する患者様は運動療法で機能面からのアプローチを行っても、当然その場ですぐに結果はでないものですから、「あまり変わらない」と中には治療をやめてしまう患者さんもいらっしゃいます。そうした方もショックマスターで痛みがやわらぐと治療を続けることができるようになります。運動療法でのアプローチも継続的に行えて、より効果のある治療が実現できています。


– 今後、ショックマスターで新しい疾患への対応は考えていますか
現在治療をしている疾患以外でも対応できるという文献がありますが、当クリニックの地域性や患者層などを考え、腰の疼痛治療への対応を検討しています。今は職員同士で治療部位での違いなど色々確認しながら治療の進め方を検討中です。原因と考えられる腱にアプローチするのですが、腱治療というのは難しく、治療した部分の痛みが無くなると他の部分に痛みが出たり、同じ治療でも効果に個人差があったりします。かなり効くという印象はあるので治療方法を確立して早期に導入できればと考えています。


– ショックマスターを使ってきた印象をお聞かせください
ショックマスターは治療効果という面において満足度の高い機器だと思います。他の物理療法機器とは「全く別物」という印象です。他にもたくさんの疾患への対応を検討していきたいです。
岡田 基 先生・岡田整形外科クリニック 院長・筑波大学卒・日本体育協会認定スポーツドクター・日本医師会認定産業医 石濵 徹 先生 ・日本大学、帝京平成大学専門学校卒
・理学療法士
     

東 京 本 社 TEL:03-5227-5771

 

札幌営業所 TEL:011-780-6511

仙台出張所 TEL:022-390-6840

 

名古屋営業所 TEL:052-263-9867

神戸営業所 TEL:078-579-6236

 

福岡営業所 TEL:092-588-9331

酒井医療はスポーツセーフティジャパン®と
「スポーツが安全に行なえる環境づくり」に
取り組んでいます

佐保 豊

スポーツの安全に関わるセミナーや講演を
行なっています。お気軽にお問い合わせください。


NPO法人スポーツセーフティージャパン 代表理事
酒井医療株式会社フィジオ事業部 アドバイザー
 佐保 豊

JOC(日本オリンピック委員会)医科学強化スタッフ
男子アイスホッケー日本代表 ヘッドアスレティックトレーナー
経歴:フットサル日本代表、名古屋グランパスエイト、西武プリンスラビッツ(アイスホッケー)、チリ代表サッカーチーム、チリプロサッカーチーム、NHLアナハイムマイティーダックス等
資格:NATA-BOC アスレティックトレーナー(ATC)、NSCA ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)

PAGE TOP